玉まつり

深田久弥『日本百名山』と『津軽の野づら』と
復員後の深田久弥が志げ子夫人と暮らした大聖寺・金沢で親しく風采の謦咳に接した著者には、思いがけぬ深田の噂は大きな謎となった。 作品を丹念に読み解くことで昭和文学史の真実に迫る。久弥、八穂、志げ子への鎮魂の書。
判型 四六上製
定価 本体2,800円+税
刊行年月 2020年5月
ISBN 978-4-86488-198-2

関連ワード