うた燦燦

いつのことを語るにも、うたがきらめく 『無援の抒情』から50年。百人一首から現代まで、エッセイの中に180首が光る

トリビュート百人一首

平安と今をつなぐ和歌×短歌 26人の歌人が「百人一首」に挑む。 【参加歌人・掲載順】岡井 隆、 高島 裕、 佐伯裕子、 望月裕二郎、 石川美南、 今橋 愛、 田村 元、 加藤治郎、 内山晶太、 沖ななも、 佐藤弓生、 大松達知、 光森裕樹、 栗木京子、 米川千嘉子、 仲井真理子、 雪舟えま、 黒瀬珂瀾、 永井 祐、 川野里子、 山田 航、 荻原裕幸、 今野寿美、 東 直子、 尾崎左永子、 馬場あき子。 古典のとびら、歌詠みの道しるべ。

スクリプト

「呪いほど正直じゃなく日記ほど嘘じゃないのがここにあるもの」心と心のあわいは短歌でなければ表現できない!

桔梗の風

【遺稿エッセイ集 2】 「短歌の解明を抜きにして日本人の心は捉えられない」。和歌・短歌、歌人について、御製についてのエッセイを収録

耳うらの星

注目の歌人で作家の心に沁みこむエッセイ集。転校生だった少女時代から、短歌と出逢い、小説を書くまで。