骨踊り

あらゆる小説ジャンルを呑み込み笑い飛ばす強靭な文体。埋もれかけていた作家の傑作、(ほぼ)初の書籍化。640頁。解説鼎談:岡和田晃、東條慎生、山城むつみ 向井豊明の本書にも無収録の短編を、本書刊行にあわせnoteで公開しています。