仮面の陰に あるいは女の力

あの『若草物語』の作者オルコットが扇情小説を書いていた?!  なぜオルコットは、A. M. バーナードという男性作家名義で、 かくも扇情的な小説作品群をいくつも発表していたのか? 英国の名家でガヴァネスが惹き起こす、19世紀米国大衆〈スリラー〉小説。

現在増刷中。
5月20日頃でき予定です。書店店頭に在庫がある場合があります。