燈 火

文体の鬼、最後の連作短篇集 解説:佐伯一麦 みずみずしい日本語散文の極致。初書籍化。移りゆく現代の生活を研ぎ澄まされた文体で描く。