top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
終着駅は宇宙ステーション
難波田史男
 
ノンフィクション・美術
川上未映子氏推薦! 1974年、32才の若き画家は、海で逝った― 未公開の日記、スケッチブック等、50冊を超えるノートより、60〜70年代を駈け抜け、2000点余の絵を描いて夭逝した芸術家の核心に迫る。
  ◎定価:本体4200円+税 ◎ A5上製 ◎刊行日:2008年4月 ◎ISBN:978-4-901998-32-1  
 
思川バルーン
楽月 慎
 
小説
はちきれそうな想い、切なさ― あなたの風船は何色ですか。栃木県小山市を舞台にした、バブル崩壊後、ロストジェネレーションの青春、恋愛、葛藤の日々。朝日新人文学賞受賞の気鋭による書き下ろし。
  ◎定価:本体1900円+税 ◎ 四六判上製 ◎刊行日:2008年3月 ◎ISBN:978-4-901998-31-4  
 
おのごろじま
日和聡子
 
小説
どこでもない どこか いつでもない いつか 生まれたばかり の なつかしい島 ぐちゃぐちゃ たぷたぷ いざなぎ と いざなみ が まぐわう 大蛇 鮫 三葉虫 が 蠢き 巫女貝 昔蜻蛉 爪水母 が 踊る。第21回三島由紀夫賞候補作。
  ◎定価:本体2500円+税 ◎A5判変型上製 ◎刊行日:2007年11月 ◎ISBN:978-4-901998-29-1  
 
天丼はまぐり鮨ぎょうざ
味なおすそわけ
池部 良
 
エッセイ
往年の大スターが綴った四季折々の味覚エッセイ。映画撮影の裏話、昭和の庶民の生活を織りまぜて描く食べ物の数々。2010年10月に逝った池部 良さん、最後の単行本。
  ◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六判上製 ◎刊行日:2007年11月 ◎ISBN:978-4-901998-30-7  
 
出版と社会
小尾俊人
 
本の本・日本近代史
関東大震災により大量の本が消滅したとき、想像力あふれる出版人たちが登場した。ここから出版戦国時代が始まる。みすず書房創業者のひとりが経験をもとに綴る、日本の戦前の出版界。
  ◎定価:本体9500円+税 ◎ A5判上製 ◎刊行日:2007年9月 ◎ISBN:978-4-901998-28-4  
 
ホルトの木の下で 【新装版】
堀 文子
 
評伝・美術
師をもたず、常に自己との一騎打ちを続け、作品を発表し続けている孤高の日本画家が、卒寿を間近に語り下ろした「初の回想記」。全財産をなげうって救った古木の下で、いま思い起こす青春の自画像。
  ◎定価:本体2300円+税 ◎A5判変型上製 ◎刊行日:2007年9月/【新装版】2009年6月◎ISBN:978-4-901998-42-0  
 
「阿佐ヶ谷会」文学アルバム
青柳いづみこ・川本三郎 監修
 
文学評論・研究
東京の中央線沿線に住む井伏や太宰などの文士の交流の場として、戦前から戦後にかけ、30年以上も続けられた「阿佐ヶ谷会」をめぐる同時代の文章のほか、インタビューや解説、文献目録などを収録した、初めての資料集。
  ◎定価:本体3800円+税 ◎ A5判上製 ◎刊行日:2007年8月 ◎ISBN:978-4-901998-25-3  
 
茂吉形影
加藤淑子
 
短歌論・文学研究
斎藤茂吉の歌と山口茂吉の日記を考察し、その思考や読書範囲の広さに迫る。二人の茂吉についての諸紙誌に寄せた旧文、及び単行本として上梓の折、都合により省略した旧稿の中から多少の修補をほどこし、近年の未発表文を加えた。
  ◎定価:本体3000円+税 ◎ 四六判上製函 ◎刊行日:2007年7月 ◎ISBN:978-4-901998-26-0  
 
蝶の小径
三木 卓
 
エッセイ
これまでに書かれた数々のエッセイの中から蝶・蛾にまつわる作品を精選し、31篇のエッセイと書き下ろしの詩1篇を収録。懐かしくも切ない記憶、鮮やかな印象を残した出会い、どこかはけなげにも見える彼らの生のあり様、その不思議さ、美しさ。
  ◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六判変型上製 ◎刊行日:2007年7月 ◎ISBN:978-4-901998-24-6  
 
残しておきたい日本のこころ
重松 清 編
 
エッセイ
開高健、島尾敏雄、小松左京、藤本義一、三浦哲郎、寺山修司、山中恒、辻邦生、畑正憲、五木寛之、重松清が綴る民話の魅力と民話を通して見えてくる日本の「こころ」。
  ◎定価:2200円+税 ◎ 四六判上製 ◎刊行日:2007年6月 ◎ISBN:978-4-901998-23-9  
  前の頁へ戻る 1011|1213141516|17|1819シモン・ゴールドベルクの本野坂昭如『20世紀断層』 次の頁へ進む