top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東京の片隅
常盤新平
 
エッセイ
郊外の町、川べりの町、いくつもの「わが町」。会いたい人のいるまちへ
埋もれていたエッセイ書籍化第3弾!
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年10月 ◎ISBN:978-4-86488-034-3  
 
私の「ニューヨーカー」グラフィティ
常盤新平
 
エッセイ
ささやかな街の話題、人物の消息、そして国際情勢のことなど。ニューヨークと雑誌「ニューヨーカー」を愛しつづけた著者が、独自の視点でコラムを読み解く。
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年9月 ◎ISBN:978-4-86488-033-6  
 
きつねの遠足
石田 千 作文集
石田 千
 
エッセイ
晴れたら町に出て、風邪をひいたら本を読む。銭湯、寄席、銀座のバアでも商店街でも、かならずだれからにめぐりあう。
◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年9月 ◎ISBN:978-4-86488-031-2  
 
こんにちはレモンちゃん
中原昌也
 
小説
書き下ろしを含むメルヘン(と言えなくもない)7篇の短篇。装幀・装画・挿画も著者。
◎定価:本体2000円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年9月 ◎ISBN:978-4-86488-032-9  
 
疎開した四〇万冊の図書
金高謙二【「高」は正しくは「梯子高」】
 
ノンフィクション
遺された文化、守られた言葉 図書館蔵書と民間から買い上げた貴重本を、戦火から守った、旧都立日比谷図書館を中心とした人たちの記録。
同タイトルのドキュメンタリー映画、順次全国公開!
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年8月 ◎ISBN:978-4-86488-030-5  
 
甲子園の詩[完全版]
敗れざる君たちへ
阿久 悠
 
詩・エッセイ
高校野球夏の大会27年間、一日一日を詠う
「スポニチ」の夏の風物詩だった名物連載を完全収録。附・阿久悠の短編小説1篇+大会トーナメント表。
■電子書籍版もあります。電子書籍版のお求めはeBookJapanAmazonほか、主要電子書店で。
◎定価:本体2800円+税 ◎ B5判 ◎刊行日:2013年7月 ◎ISBN:978-4-86488-029-9  
 
和音羅読
詩人が読むラテン文学【新装版】
高橋睦郎
 
エッセイ・文学案内
いまこそ読むべき古典
西欧の知の源泉のひとつでありながら、日本人に影が薄かったラテン文学を道案内。
◎定価:本体3800円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年7月 ◎ISBN:978-4-86488-028-2
【新装版】刊行日:2016年4月 ◎ISBN:978-4-86488-096-1
 
 
異国美味帖
塚本邦雄(「塚」と「邦」は正しくは正字です)
 
エッセイ
西欧の土地と食をめぐる40篇
馥郁たる味と香、豊饒なる知。極上の食と食材をめぐる名随筆。
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年7月 ◎ISBN:978-4-86488-027-5  
 
メフィストフェレスの定理
地獄シェイクスピア三部作
奥泉 光
 
戯曲
シェイクスピア作品の登場人物が鏡の向こうで悪魔と出会うとき「地獄」の存在を揺るがす騒動が巻き起こる。謎と笑いが鳴り響く文学の冒険。収録作「リヤの三人娘」「マクベス裁判」「無限遠点 Romeo and Juliet」
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年6月 ◎ISBN:978-4-86488-025-1  
 
スバらしきバス
平田俊子
 
エッセイ
首都圏を中心とした路線バス、高速バス、ツァーバスをめぐる、書き下ろしエッセイ。ささやかな道草のスケッチ。
◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年6月 ◎ISBN:978-4-86488-024-4  
  前の頁へ戻る |8|10111213141516171819シモン・ゴールドベルクの本野坂昭如『20世紀断層』 次の頁へ進む