top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一九世紀フランスにおける教育のための戦い
セガン、パリ・コミューン
川口幸宏
 
西洋史・教育史
歴史学×教育学の新視点
フランスで収集した原史料をもとに、「近代教育」の誕生を探る、著者、畢竟の成果。
◎定価:本体3800円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年2月 ◎ISBN:978-4-86488-043-5  
 
少年老イ易ク
竹岡準之助
 
エッセイ
小出版社50年の軌跡をたどる二つの回想
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年2月 ◎ISBN:978-4-86488-044-2  
 
忘れえぬ声を聴く
黒岩比佐子
 
エッセイ
古書を入口に、百年前の日本へ思いを馳せる。
惜しまれつつも急逝した評伝作家が、歴史を読み、書くことの魅力をつづる単行本未収録エッセイ集。
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年1月 ◎ISBN:978-4-86488-042-8  
 
いつもの旅先
常盤新平
 
エッセイ
没後1年、未刊行エッセイ集・第3弾
「感じのいい喫茶店や酒場のある町は、いい町なのである。それはもう文化である。」旅の思い出とめぐりゆく季節の感懐
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年1月 ◎ISBN:978-4-86488-041-1  
 
木下杢太郎を読む日
岡井 隆
 
エッセイ・評論
木下杢太郎の作品に触れながら杢太郎と対話する。「私評論」という新しい境地
◎定価:本体3300円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年12月 ◎ISBN:978-4-86488-040-4  
 
夢のなかの魚屋の地図
井上荒野
 
エッセイ
わたしの手がおぼえていること。小説家の父の口ぐせ、台所の母、書きつづけることへの決意。著者はじめてのエッセイ集
◎定価:本体2000円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年12月 ◎ISBN:978-4-86488-037-4  
 
古塔の街
竹岡準之助
 
エッセイ
センスとユーモアをつくした編集者のコラム集。季刊のミニコミ誌のひとつの歩み。
◎定価:本体2300円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年12月 ◎ISBN:978-4-86488-038-1  
 
老優の述懐
竹岡準之助
 
エッセイ
創業半世紀、季刊誌を編集し続けて16年。ひとり出版社の社主がつづる、こだわりの一筆集。
◎定価:2300円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年12月 ◎ISBN:978-4-86488-039-8  
 
昭和十年生まれのカーテンコール
鴨下信一
 
エッセイ

ああ、どうしても復活させたいなあ 数かずの名作ドラマを手がけた東京下谷育ちの演出家が、なじみ親しんだ言葉や風習、芸能、文学などを通じて、日本人が失いつつあるものを考える。
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2013年11月 ◎ISBN:978-4-86488-036-7  
 
スクリプト
桂生青依第一歌集
桂生青依
 
短歌・歌集

「呪いほど正直じゃなく日記ほど嘘じゃないのがここにあるもの」心と心のあわいは短歌でなければ表現できない!
◎定価:本体1400円+税 ◎ 四六ソフトカバー ◎刊行日:2013年11月 ◎ISBN:978-4-86488-035-0  
  前の頁へ戻る |7|10111213141516171819シモン・ゴールドベルクの本野坂昭如『20世紀断層』 次の頁へ進む