top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青春の日記
三浦哲郎のこと
竹岡準之助
 
エッセイ
三浦哲郎の親友であった著者の日記から蘇る、「作家・三浦哲郎」誕生前後と文学修業時代。
◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年9月 ◎ISBN:978-4-86488-057-2  
 
詐欺師の勉強あるいは遊戯精神の綺想
種村季弘
 
評論・エッセイ
あたかも美しい無権力状態の螺旋
聖俗混淆を徘徊する博覧強記の文章世界。没10年にあたる2014年の夏刊行の愛蔵版
◎定価:本体8500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年7月 ◎ISBN:978-4-86488-052-7  
 
忍 土
佐藤洋二郎
 
小説
女と男、親と子、せめぎあう思い
東京・飯田橋の小さな居酒屋で交錯する人生。北海道・留萌から福岡・神湊まで、全国14の土地にまつわる短編集。
◎定価:本体1900円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年7月 ◎ISBN:978-4-86488-053-4  
 
おいしい街と本と人
今江祥智
 
エッセイ
読んで食べて歩いてしゃべって
児童文学の泰斗が軽妙洒脱につづる京都発「味な」エッセイ集。カバー装画:宇野亜喜良 
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年6月 ◎ISBN:978-4-86488-051-0  
 
黒猫のひたい
井坂洋子
 
エッセイ
深く、深く眠れる日々を
日本を代表する女性詩人にる、日常に潜むよろこびと闇を見つめたエッセイ集。カバー装画・イラスト:高橋千尋 
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年5月 ◎ISBN:978-4-86488-050-3  
 
劇場経由酒場行き
矢野誠一
 
エッセイ
当代きっての見巧者による、秘話満載のエッセイ集
【目次より】酒呑みのいる風景/舞台の記憶/ロビーの会話/劇場の本棚/愛しき人に献杯 
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年5月 ◎ISBN:978-4-86488-048-0  
 
その先は永代橋
草森紳一
 
エッセイ・評論
逝去直前まで書き継がれた長編雑文
「その先は永代橋」(東京人)と「ベーコンの永代橋」(en-taxi)を収録、荷風、小津、阿部定、フランシス・ベーコン…… 崩れる書物の山から眺めた永代橋300年の歳月。跋文:平山周吉
◎定価:本体3800円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年4月 ◎ISBN:978-4-86488-049-7  
 
短編を七つ、書いた順
片岡義男
 
小説
作家生活40周年 書き下ろし
収録作品:せっかくですもの/固茹で卵と短編小説/花柄を脱がす/なぜ抱いてくれなかったの/エリザベス・リードを追憶する/ある編集部からの手紙/グラッパをかなりかけます
◎定価:本体1900円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年4月 ◎ISBN:978-4-86488-047-3  
 
煙管(キセル)の芸談
渡辺 保
 
エッセイ・演劇
煙草、酒、水が歌舞伎を豊かにしてきた。
嗜好品で読み解く歌舞伎の世界。
◎定価:本体2500円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年3月 ◎ISBN:978-4-86488-045-9  
 
白夜の忌
三浦哲郎と私
竹岡準之助
 
エッセイ
三浦哲郎の文学修業時代の仲間である著書が青春の約束を果たすべく綴った三浦哲郎との交流
◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2014年3月 ◎ISBN:978-4-86488-046-6  
  前の頁へ戻る ||6|10111213141516171819シモン・ゴールドベルクの本野坂昭如『20世紀断層』 次の頁へ進む