top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マジカル・ヒストリー・ツアー
ミステリと美術で読む近代
門井慶喜
 
ミステリ評論
「歴史ミステリ」とは何か?
『時の娘』『薔薇の名前』『わたしの名は赤』などの名作をとおして、小説、宗教、美術が交差する「近代の謎」を読み解く。ミステリ作家による歴史ミステリの教室。書き下ろし。
◎定価:本体2200円+税 ◎ 四六判 ◎刊行日:2015年10月 ◎ISBN:978-4-86488-085-5  
 
記憶の道草
銀河叢書
串田孫一
 
随想
生誕百年、百の随想。晩年の文業を初集成
仕事部屋の愛用品、移りゆく季節、友人との語らい…… 哲学のエスプリと豊かな詩心で綴る円熟のパンセ。
◎定価:本体3900円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年10月 ◎ISBN:978-4-86488-083-1  
 
マスコミ漂流記
銀河叢書
野坂昭如
 
エッセイ
戦後闇市派の昭和30年代+戦後メディアの群雄の記録
TV草創期の舞台裏を克明に描いた自伝的エッセイ、初の書籍化。
◎定価:本体2800円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年9月 ◎ISBN:978-4-86488-082-4  
 
江戸おんな歳時記
別所真紀子
 
俳句
高橋睦郎氏 推薦!
江戸期の女性は自由だった! 年齢、身分を問わず全国から選りすぐった俳句案内。
◎定価:本体2300円+税 ◎ 四六判 ◎刊行日:2015年9月 ◎ISBN:978-4-86488-080-0  
 
めぐりあう者ども
菊池英也
 
小説
恋愛でも快楽でもない、存在の根源的愉楽と崩壊。俊英の書き下ろす異種恋愛譚。
◎定価:本体1600円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年9月 ◎ISBN:978-4-86488-081-7  
 
常識の路上
町田 康
 
エッセイ
でもワイルドサイドを歩け。つか歩く。
3.11をはさんだ単行本未収録原稿を集成する、3年ぶりのエッセイ集。信じるべきものとはなにか…… 「コモンセンス」への怨恨。
◎定価:本体1800円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年8月 ◎ISBN:978-4-86488-078-7  
 
死者の花嫁
葬送と追想の列島史
佐藤弘夫
 
日本思想史・日本文化史
墓、先祖、幽霊の常識を覆す死後についてのパースペクティヴ
現在、一般的な仏教式の葬送文化の成立とその死生観を、日本思想史家が読み解く。
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年8月 ◎ISBN:978-4-86488-079-4  
 
本に語らせよ
長田 弘
 
エッセイ
2015年5月に死去した詩人が、単行本未収録エッセーを中心に厳選、改稿、構成した最後のメッセージ。
◎定価:本体2900円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年7月 ◎ISBN:978-4-86488-075-6  
 
海 嘯 (かいしょう)
銀河叢書
島尾ミホ
 
小説
日本文学史上稀有の小説がヤポネシアから甦る。島尾敏雄『死の棘』のモデルとなった著者が遺した衝撃の未完長篇。
◎定価:本体2800円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年7月 ◎ISBN:978-4-86488-076-3  
 
徴用日記その他
銀河叢書
石川達三
 
評論・随筆・日記
国家権力と対峙してきた作家ならでは「表現の自由」への思い
『生きている兵隊』発禁から戦後まで。「英霊よ安かれなどというのは、愚者の言葉ではないだろうか」
◎定価:本体3000円+税 ◎ 四六上製 ◎刊行日:2015年7月 ◎ISBN:978-4-86488-077-9  
  前の頁へ戻る |3|10111213141516171819シモン・ゴールドベルクの本野坂昭如『20世紀断層』 次の頁へ進む