top
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おとぎ電車はどこへゆく
佐藤光直
 
小説
高度成長期からバブルを経て今日まで、仕事と家庭の間で揺れ動く人びとを円熟の筆致で描いた連作小説
◎定価:本体1600円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2016年3月 ◎ISBN:978-4-86488-094-7  
 
初稿 知的障害教育論
白痴の衛生と教育
エドゥアール・セガン 【訳・解説:川口幸宏】
 
特別支援教育・教育史
障害者・児への理解が充分でなかった19世紀フランスで、世界初の知的障害児教育を実践したセガン。その実践に基づく体系的理論を、完全邦訳。
◎定価:本体2800円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2016年2月 ◎ISBN:978-4-86488-092-3  
 
冥土の土産
竹岡準之助
 
エッセイ
81歳の小出版社主が、終活を念頭に半生を顧みながら、老いとむきあいながらも楽しさを忘れない日常を綴る。
◎定価:本体2400円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2016年2月 ◎ISBN:978-4-86488-093-0  
 
行列の尻っ尾
銀河叢書
木山捷平
 
随筆
「わたしの好きな場所…… 監獄と軍隊を除けば何処でも好きです」文学に生涯を捧げた私小説家の未刊行随筆89篇を初集成。
◎定価:本体3800円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2016年1月 ◎ISBN:978-4-86488-090-9  
 
暢気な電報
銀河叢書
木山捷平
 
随筆
ほのぼのとした筆致の中に浮かび上がる人生の哀歓。ユーモアとペーソスに満ちた、初の書籍化の短篇集。
◎定価:本体3400円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2016年1月 ◎ISBN:978-4-86488-091-6  
 
虹の橋を渡りたい
画家・堀文子九十七歳の挑戦
中田整一
 
ノンフィクション・評伝
女とマスコミがしっかりしていれば戦争は防げる!
この国の100年の激動を見てきたからこそ、言い残しておきたいこと。長年の交流を持つノンフィクション作家が丹念な取材で、いまなお創作活動を続ける画家の足跡をたどる、決定版評伝。
◎定価:本体2000円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2015年12月 ◎ISBN:978-4-86488-087-9  
 
昭和の歌100
君たちが居て僕が居た
小西良太郎
 
エッセイ・音楽(歌謡曲)
時代に選ばれたヒット曲とその秘話。表も裏も知り尽くした男の昭和歌謡史。
作り手と併走した名物芸能記者にして名プロデューサー、元レコード大賞審査委員長だった著者の回想。
◎定価:本体2600円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2015年12月 ◎ISBN:978-4-86488-086-2  
 
白昼のスカイスクレエパア
北園克衛モダン小説集
 
小説集
戦前の前衛詩を牽引したモダニズム詩人にして、建築・デザイン・写真に精通したグラフィックの先駆者が、1930年代に試みた「エスプリ ヌウボオ」の実験。書籍未収録35の短編。
◎定価:本体3700円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2015年12月 ◎ISBN:978-4-86488-089-3  
 
還らざる夏
二つの村の戦争と戦後 信州阿智村・平塚
原 安治
 
ノンフィクション
ジャーナリストが記録する農村と昭和の戦争
元NHKプロデューサーが、自身の家族と仕事で出会った「農村と戦争」を書き残す。満州へと旅立った最後の開拓団と開拓団を送り出した村。
◎定価:本体1800円+税 ◎ 四六上製◎刊行日:2015年12月 ◎ISBN:978-4-86488-088-6  
 
おんなのこ
くどうなおこ【文】+佐野洋子【画】+広瀬弦【彩色】
 
詩・画文集
40年前に刊行された「佐野洋子+くどうなおこ」の初めて作品が、書き下ろしの詩とあふれる色彩で、佐野洋子没5年に甦る。時空を超えてしなやかに、したたかに生きるすべての「おんなのこ」に贈る物語。
◎定価:本体1800円+税 ◎ A5変上製(左右148mm×天地188mm)◎刊行日:2015年11月 ◎ISBN:978-4-86488-084-8  
  前の頁へ戻る |3|10111213141516171819シモン・ゴールドベルクの本野坂昭如『20世紀断層』 次の頁へ進む